★「めぐみの会」のがんに対する考え方

 

 めぐみの会では、がん患者さんが健やかで、康らかな生き方をするための学びの場や、みんなで実践する場を提供させていただくことで「治ろうとする力(自然治癒力)を引き上げ健康なき、ご自身で治る身体と心を作るお手伝いをさせていただきます。

  

スローガン   がんになっても幸せに生きる!
     “治すな、直せ!”“直せば、治る!”
 

 

基本的な考え方  「医師が病を治すのではなく、身体が病を治す。」

 

          「がんを治す」のではなくこれまでの生き方を正しくし、

           身体や心の機能をもとの良い状態に「直す」ことで

            「がんが治る」状態に近づける

 

♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。.

 

がんが治らない理由

健康のバランスが崩れたことで、ガンは成長する条件がそろい、大きくなってきます。

下の図は、ガンの原因を土の中の球根にたとえました。そして、その球根の養分をエネルギーとして芽を出したのが「ガン」です。

現代医学では、このガンを「手術・抗がん剤・放射線」で目に見えないようにするというものです。

みなさん、もうお分かりですね。

土の中にガンになる原因が大きな球根として残したままで、地上に出た芽だけを取り除いても、いずれまた出てきます。これがガンの再発や転移なのです。

何度取り除いても、またでてくる。

いたちごっこです。

そして、「手術・抗がん剤・放射線」という治療は、重ねれば重ねるほどに私たちから「免疫力と気力」を奪っていきます。その結果、ガンの成長を喰い止める力は、益々弱くなってしまいます。これに比例して、ガンの成長は加速していき、やがて私達の命を奪ってしまうのです。

ガンを現代医学で根治できない理由はここにあります。

 

 では、ガンになったらどうしたらいいのか?

 

私たちは、決して現代医学を否定しているわけではなく、ガンの治療には医療の領域と患者の領域があることを知ってほしいのです。

患者の領域とは、この図でいう「球根」の部分。


本当の意味でガンを治すには、患者自身がこの球根の部分を直す必要があるのです。 


ガンが不治の病となってしまっている原因は、自分が作ったガンをすべて医者や薬に任せてしまっている私たちにあるのではないのでしょうか?



♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。. .。.:*・♪゜・*:.。.

 

 がん患者さんに限らずほとんどの人は病は治すものだと思っています。

そして治すのは治療だと。
  

しかし、治すのは自分の意志と無関係。

それが証拠にどれだけ治そうと思っても、治らないものは治らない。

そして、治そうと思わなくても治ってしまう人もいる。

どうしてなんだろうか?

 

医学の父と言われているヒポクラテスは、「医師が病を治すのではなく、身体が病を治す。」と表現した。


つまり、人の身体にはもともと「治ろうとする機能」があり、医師の役割というのは、その機能を補助することにすぎず、治療や医療行為というのは治る機能を補助するものでなければならない、としているのである。

ピポクラテスのいう「治ろうとする力」


それが自然治癒力であり免疫力。

そして、病になってしまう理由はもともと生き物に自然に備わっている「治そうとする力」を損なってしまったからにほかならない。

その原因がライフスタイルや食事、そして心などの生活習慣、つまりこれまでの「生き方」なのだ。

さらに現代医療の治療の多くは、治そうとする力を損なってしまっているがん患者さんに対して、手術、抗がん剤、放射線という対処療法だけで治そうとしている。

 

これらは、私たちに備わった治す力、すなわち治癒力を落とすものばかりである。

 

とはいっても、私はこれらの現代医療を真っ向から否定するつもりはない。

 

必要なときももちろんあるし、やらねばならないときもある。

 

しかし、それだけに過剰に依存して、患者さんの身体や心の状態に目を向けない今の医療は明らかに間違っておるように思う。

そもそも治すということは、健康な状態にするということ。

 

健康とは、健やかで康らかな 身体と心の状態

なのに、これらの治療はどうだろうか?

たとえば、健康な人にこれらの治療をやり続けたとしたら・・・・・


健やかで、康らかとは言えなくなるだろう。


それが、本当に治すという行為なのだろうか?

私はそうは思わない。

医者は「治す」ということに執着た結果、治療した結果「治ろうとする力」を奪ってしまっている。

そして、患者も「治す」ということに執着して、闘争心や逃走心で交感神経を優位にさせて、自らの「治ろうとする力」を奪ってしまっているのだ。

その結果、がんは治らない病となってしまった・・・・・

医者は病を治すことはできない。

そして患者も治すことはできない。

治すことができるのは身体の機能、自然治癒力だけなのだ。

ならば、患者は何をすれば良いのだろうか?

病を「治す」のではなくこれまでの生き方を正しくし、機能をもとの良い状態に「直す」ことなのだ。

そして医者の治療とは、緊急避難的な対処療法と、患者さんの機能を高めるためのお手伝いにほかならない。

治療家と患者が双方の役割を果たしながら一緒になって取り組んでいくことが必要なのだ。

そして、「治す」より、「治る」状態にすることに目を向けるべきだと思う。

このようなことから「治す」という概念はあまり持たずに、「治る」状態にするために「直す」という意識を持ったほうがいい結果が出ると思っている。

「治す」のは「身体」  そして「自然治癒力」

医者や患者にできることは、その自然治癒力を上げて免疫力を高めること。
 
そして「治る」ためのキーワードは“幸せになる”

 
これから、この考えに同調していただけるドクターや治療家・専門家、一般の方にも仲間になっていただき「治す」のではなく「直す」ことで「治る」という考え方を広め実践していく会を作っていきます。
 
この趣旨にご賛同いただき一緒に活動いただける方がいましたら、ご連絡いただければ嬉しいです。

 


✩めぐみの会へのご連絡・メッセージはこちらから

メモ: * は入力必須項目です

  ~本を出版しました~

メールマガジン

心の支えに!

生き方コラム,イベントスケジュールなどの最新情報満載です!

  登録はこちらから

めぐみの会入会について

めぐみの会は入会金のみ(年会費なし)で、講座受講料・テキストご購入が会員価格になります!

講座DVD

講座・セミナー情報

お問い合わせ

織田英嗣の著書

織田英嗣のブログ

メールマガジン

めぐみの会のご案内から会長のコラムなど定期的にお届け

> 登録はこちら

めぐみコラムの内容

メルマガ「めぐみコラム」の内容を閲覧いただけます。

> 詳しくはこちら

Facebook