「非難されること」

今日のコラムは「非難されること」です。

多くの人は人から非難されることは面白くないと思う。

だから非難されないような言動や生き方をする。

そして、非難されるから自分を箱に閉じ込める。

非難されるから自分か悪いと思ってしまう。

以前の私も常に非難されないこと、そして逆に賞賛されることに多くの労力を注いできた。

しかし、最近は非難されるからから人は進化できるのではないか?

非難されることが新しい自分を見つけるということではないか?

非難されなけれはなにも変わらないのでは?

と思うようになった。

非難されるということは、今までと違ったり、常識と違う時が多い。

つまり〝変化している″ということだと思うのだ。

多くの人は、この非難を恐れて行動できない。変化できない。

その理由は様々であるが、私が思う一番の理由は〝自分の弱さ″を受け入れることができないからだと思う。

言い換えれば、これまでの自分の言動に大きく強くこだわり、その自分の作った
虚像を捨てることができないからだ。

私は7年前病になってから、㈱三越、がんの患者学研究所、日本がんマネジメント協会、めぐみ農場と始めては辞めるを繰り返してきた。

そしてその都度、様々な非難を浴びた。

特に身近にいる人からの非難は多かったような気がする。

今で言ってきたことはなんだったのだ?

やり始めたら、最後までやれ!

辛抱が足りない・・・・・・ 等など

それはもっともなことで、私がもし同じような人を見たとしても、ちょっと前までなら同じことを言ったと思う。

しかし、もし心にモヤモヤ抱えたままで、

過去の自分の言動に囚われ、

やらねばならないという義務感で

我慢をして続けていたら・・・・・・・・

たぶん、今の私はないし、生きているかどうかもわからないだろう。

だって、そうやって生きてきた結果、がんになったんだから。

非難されるということは、変化しているということ。

変化とは伸びしろのようなもの。

その伸びしろが大きければ非難され賞賛され、小さければ衰退していくか何も変わらない。

そのどっちがいいか?は人それぞれ。

生きている環境が違うように、価値観も違う。

自分が決めればいいのだ。

しかし、決めたら愚痴や不満を言わないことも決めなければいけない。

そうしないと、心が沈んでしまう。

大切なことは、非難されるのがいいのか悪いのではなく、自分の弱さを認める強さだと思う。

変わるのも、変わらないのも、自分が弱いから。

その弱さを受け入れどう生きるか?

そして、どっちにしても、それを表現する勇気。

それを今の社会は許さないことが多い。

変わることを強要し、できないと非難される。

どっちにしろ、非難されるならどっちを選ぶか?

私はそんな選択をした。

その結果、自分を変え、自分の周りに人を変え、そして 幸せがみえてきたのだ。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Susie Tenaglia (木曜日, 02 2月 2017 02:57)


    Nice post. I was checking constantly this blog and I am impressed! Very useful information specially the last part :) I care for such information much. I was looking for this particular info for a long time. Thank you and good luck.

  • #2

    Alline Talkington (金曜日, 03 2月 2017 12:49)


    I'm gone to convey my little brother, that he should also pay a visit this blog on regular basis to obtain updated from most recent news update.

  • #3

    Fae Gillie (金曜日, 03 2月 2017 13:14)


    I like the valuable info you provide in your articles. I'll bookmark your weblog and check again here frequently. I'm quite sure I will learn many new stuff right here! Good luck for the next!

  ~本を出版しました~

メールマガジン

心の支えに!

生き方コラム,イベントスケジュールなどの最新情報満載です!

  登録はこちらから

めぐみの会入会について

めぐみの会は入会金のみ(年会費なし)で、講座受講料・テキストご購入が会員価格になります!

講座DVD

講座・セミナー情報

お問い合わせ

織田英嗣の著書

織田英嗣のブログ

メールマガジン

めぐみの会のご案内から会長のコラムなど定期的にお届け

> 登録はこちら

めぐみコラムの内容

メルマガ「めぐみコラム」の内容を閲覧いただけます。

> 詳しくはこちら

Facebook